男性を魅了するおっぱいとは?【男性が語るバスト3】
管理人:ゆう管理人:ゆう

今回は「男性が語るバストシリーズの3!」
男性と女性でおっぱいについての認識がすごく違っておもしろかったです

今回は
男性を魅了するおっぱいとは?【男性が語るバスト3】

30代男性 Mさん30代男性 Mさん

男性はみんなおっぱいが好きですが、おっぱいが好きであることにはちゃんと理由や意味があるんですよ!

男性を魅了するおっぱい

おっぱいという響きを聞いただけで、テンションが上がってしまいます。
おっぱいのことを考えない日は、ほぼ無いというくらいくらい。

人生で、幸せだった瞬間ベスト3に入ってくるのが、大好きな子とエッチをすることになって、服を脱がせたときに初めて見るおっぱいです。
なんだか、女の子から大切なプレゼントをもらったような気持ちになってしまいます。

男性はなぜおっぱいが好きなのでしょうか。

おっぱいは、丸くて、柔らかくて、弾力があり、暖かいものです。
男性にはない、女性にしかないもの。

理由は何にしろ、とにかく私はおっぱいが大好きです。

どんなおっぱいが魅力的でいいのか?

おっぱいには色々なおっぱいがあります。

  • はりのある形のきれいなおっぱい
  • 巨乳で刺激的なおっぱい
  • ちょこんと盛り上がったくらいの小さめのおっぱい。

結論から言えば、どのおっぱいも素敵です。
どのおっぱいも好きです。

それぞれ、個性があって、大好きなおっぱいです。

大きさは大きいほど良い?

おっぱいの大きさは、一般的には大きいおっぱいの方がいいという男性が多いかもしれません。
しかし、私の場合には、あまり大きいおっぱいは、ちょっと下品な感じがしてしまい好きではありません。

ちょうどいいのが、Dカップくらいの大きさです。
ちょうど、手で触ったときに、手に余るくらいの大きさがとても好き。

貧乳のおっぱいも嫌いではありません。
さっしーやガッキーなども貧乳なので、貧乳もいいのではないかなと思ってしまいます。

好きな女性のおっぱい

そう考えると、おっぱいのあの大きな膨らみが好きというよりも、特に好きな女性のおっぱいが好きということになります。

好きな女性のおっぱいが好きです。
いつまででも見ることができますし、いつまででも触っていることができます。本当に。

好きな女性が出来ると、いつのまにか、その女性はどんなおっぱいをしているのだろうかと、妄想してしまいます。
そう、妄想しているだけで、心はとてもハッピーになってしまいます。

おっぱいの希少価値

おっぱいがなんでこんなにも男性を魅了しているのでしょうか。
もし、世の中がおっぱい触りたい放題の状態になっていたら、ここまでおっぱいに惹かれるということは無いかもしれません。

おっぱいを触ることが出来る機会というのは、とても限られているのです。
ですから、おっぱいに対する価値というのが高まっているのではないかと思います。

街中を歩いていても、女性のおっぱいを見ることが出来る訳ではないのです。
隠されているのです。
ですから、余計に見たくなるし、触りたくなるのです。

おっぱいでやってみたいこと

そんなおっぱいでやってみたいこととして一番に浮かぶのは、おっぱいに顔を挟まれたいという願望が強いです。あの柔らかいおっぱいの間に、顔を挟んでもらったら、それはそれは幸せです。

次に、ちょっとエッチな願望ですが、彼女のおっぱいは開発したいですね。
感度が良くなり、とても気持ちよさそうにしていたら、嬉しくなってしまいます。
おっぱいのGスポットとも呼ばれているスペンス乳腺を刺激して、開発していきたい。
やっぱり、おっぱいというギフトを授けてくれた彼女には、快感というお返しをしてあげたいものです。

そんなおっぱいと彼女ということを考えると、おっぱいに触れている分だけ二人の距離は近づいてくると思います。

男性は、本当におっぱいの事を考えています。
女性からしたら嫌がると思いますが、ちょっとした会話をしているときにも、相手の女性のおっぱいのことが頭に浮かんでくるものなのです。

男性がおっぱいを好きな理由

これは、男性の役割なのではないかと決めつけています。
男性が、女性のおっぱいのことを考えて、二人が性行為をしようというきっかけになるという役割を担っているのではないかと思います。

世の中に女性だけの性格を持った男女がいたとしたら、なかなか、性行為までいくことがないのではないかなと思います。
男性は、常に女性とエッチしたいと思っていますし、常におっぱいのことを考えています。

だから、女性とエッチするために、色々な努力をします。
女性が喜ぶことを進んでしようとします。
そんな構造だから、世の中には、エッチにまでたどり着く男女が沢山いるのだと思います。

おっぱいについて真面目なことも

エッチをするために、おっぱいのことを考えているのが男性の役割だといいましたが、そんな私も真面目なところがあります。

一度付き合ってしまって、彼女とエッチをしたりしている生活になると、ほとんどAVも見たくなくなります。
街中で歩いていても、女性のおっぱいのことも考えなくなります。

彼女に対する思いと、充実した感覚があると、他の女性のおっぱいのことへの興味が少なくなってくるのです。

これが彼女がいない状態だとひどく、常におっぱいのことを考えている状態です。
きれいな女性を見れば、すぐに胸のところを見てしまいますし、どんなおっぱいをしているのか想像してしまいます。

結論から言うと、あくまで私の場合ですが、究極的に男性はパートナーを探し続けている。
そして、パートナーが出来ると、別の女性にもおっぱいにも興味がわかなくなるということです。

おっぱいについて思うことのまとめ

おっぱいは女性そのもの。
女性の良いものが、ぎゅっと詰まったものがおっぱいです。

そんな良いものが詰まったものに、男性は、惹きつけられているのです。
そして、普段はそのおっぱいというものは、隠されていて、簡単には見れないし、触ることもできない。

だからこそ、貴重なものになって、見たい、触りたい対象になってくるのでしょう。

おっぱいを作ってくれた神様に感謝です。
こんなにも、毎日考えているだけでハッピーになるものを作ってもらい本当に感謝です。
そして、そんなおっぱいを隠してくれている女性にも感謝です。

そして、また、大好きな女性が出来て、その女性のおっぱいを見ることができる時が来ることを待ち望んで、毎日妄想していきたい。

管理人:ゆう管理人:ゆう

このコーナーではいつも通り、おっぱい節が炸裂でしたね!
今回もすごくおもしろかったです。
後半にかけてのおっぱいの役割や女性との付き合い方で変わる感覚などはとても興味深かったです。
ただひたすらにおっぱいを求めている分けではないんだなあと、少し誤解していた部分もあるように感じました。