育乳の基本は食事!筋トレで失敗した私が育乳メニューで大逆転!

筋トレ育乳は逆に小さくなるピンチに

当時の私は大学生でやせ形で貧相なカラダを気にしていました。
胸の方もギリギリBにいくかどうかというところで大学生になって華やかになる周りの女の子と比べて女性の魅力に欠けていると感じて育乳を始めたのでした。

育乳には筋トレが良いと聞いて早速チャレンジ

ランニング

貧相ではあったものの、身長はあったので良く言えばスレンダーとも言える細身のカラダは私の唯一のとりえとも言えるものでした。
そのため育乳のためとは言え太るのは嫌だなと思って、色々調べたところまずは胸の周りの筋肉をつけるのが大事なので筋トレが良いという話を聞きました。

筋トレであれば太る心配もないので、運動など中学1年生で逃げるように辞めたバレー部以来でしたがちょうど近所にスポーツセンターがあって安くトレーニングができたので早速チャレンジしてみることにしました。
ジムと違ってインストラクターはいないので我流の筋トレとなりましたが、定期的に通った結果少し筋肉がついてきたので私は満足を覚え始めました。

ランニングを取り入れたら胸が垂れていた!

夢中になりやすい私は筋トレが楽しくなり始めてしまい、単純に体を動かすことが気持ちよくなっていました。
そこでランニングをしてさらにシェイプアップすればメリハリの利いたカラダになるのではないかと考えるようになり、スポーツセンターに行かない日は4キロくらい走ることを自分に課しました。

スポーツセンターと違いランニングはいつでもできるので割合は筋トレよりも高くなっていきますが、ある時ふと裸で鏡の前に立って見ると胸が少し変な感じがします。
なんだか少し位置が下になっているように見えるのです。

最初はいよいよ大きくなってきたのかと思いましたが、毎日触っていてもそんなに変化は感じているわけではありません。

私はすごく恥ずかしくはありましたが、妹を呼んで客観的な意見を求めます。
そして当時中3で私に負けず劣らず小さな胸をしている妹が放ったのは「なんか垂れてない?」という冷たい一言でした。
確かに以前はそれなりに綺麗な形をしていたものがなんだか今はだらしがない感じになっています。
普段ブラで寄せていたのでまったく気が付いていませんでした。

ランニングは育乳に悪かった

調べた結論として私が取り入れたランニングは育乳にはむしろ逆効果なものでした。
ランニングによって胸を支えるクーパー靭帯が伸びてしまうと知った時には私はクラクラしました。
まだまだ小さな胸だったのが不幸中の幸いでもっと大きかったら被害は甚大だったでしょう

しかも小食の私はランニングでカロリーを消費してしまうのでせっかく筋トレを頑張っても、その筋肉もランニングのエネルギーに取られてしまうとのこと。
もう私にとって最悪としか言いようがありませんでした。

食事による育乳に切り替えたらDカップまで成長!

挫折により筋トレも止めてしまった私はそこから半年ほど育乳のことは考えなくなっていました。
その間にも周りの友達は彼氏を作ったり女性らしいオシャレをしたりと楽しそうにしていますが、私はもう半ば女としての自分に悲観していました。

ですが大学2年生になり10代ももうすぐ終わると思うとそんな味気ない生活が寂しくなり、今度こそという気持ちが徐々に芽生えてきます。

育乳に良いものを意識して食べる

筋トレで失敗した私は今度はメリット・デメリットまで徹底的に調べ上げ、やはり食事による育乳しかないという結論に達します。
ブラを変えるなど方法はいくつかあっても全ての基本は食事にあるということで、育乳に良いとされる食材を積極的に取り入れるようになります。

当時は実家暮らしで母が料理を作ってくれることが多かったですが、自分が作ると宣言して勝手に育乳メニューに切り替えてたんぱく質を意識したレシピをどんどん覚えていきました。

偏ったメニューにするとは筋トレで学んだので栄養バランスも意識した結果、妙に料理に詳しくなるというおまけもつきましたが次第に私のカラダも女性らしい丸みを帯びてくるようになっていきました。

簡単な筋トレを併用でコントロールに成功

丸みを帯びてきたことで少し体重は増えましたが、まだまだ平均体重にさしかかったくらいですのでそんなに心配はありません。
ですが脂肪も増えていることは事実なのでこれをうまく胸に回そうとした結果、私は筋トレを再開させます。
とは言っても今度は自宅で出来る腕立て伏せなど簡単なメニューとしてやり過ぎに気をつけてながら育乳に励みます。
私の努力は実を結び、開始3ヶ月で余裕のBカップに昇格し半年後にはCカップになっていました。
そこまであると私も自信がついてくるので少し可愛い服を着たりとオシャレが楽しくなってきます。
料理もすっかり板についてきたので自然と育乳メニューを続けていた結果、大学を卒業するころにはついにDカップに到達してしまいました。
ずっと継続していたとはいえ、食事と簡単な筋トレでここまで大きくなったのは自分でもちょっとした驚きでした。

バストアップで自信がつくと楽しい

育乳で大きくなった胸は私に自信をくれました。
女性としての魅力が増したこともそうですが、自分の努力で育乳に成功したということがなんとなく誇らしく、私はかなり前向きな性格になっていました。

就活の面接で大学時代に頑張ったことは育乳ですと言いたくなるくらいに大成功でしたので良い経験になったと思います。

余談ですが私の作った育乳メニューを食べていた妹もEカップの巨乳ちゃんになっていたので食事による育乳は断然おすすめです。